よくある質問

庭の草むしりが大変です…


庭づくりの困りごとで、常に上位にくる相談です。植物あふれる庭は、とても豊かな気持ちにさせてくれる反面、雑草問題で頭を悩ます人が少なくありません。手間も楽しみと思えるならよいのですが、忙しい人はそうも言っていられないでしょう。かといって、メンテナンスフリーの庭というのも味気ないもの。そこでお勧めなのが、すべてを緑地にするのではなく、例えば裏庭などに適度な舗装部分を設けること。そうすれば、草むしりをする面積を減らすことができます。




玄関前にあるポールライトが古くなったので、新しいものに交換したいのですが、おすすめはありますか?


最近では12VのライトやLEDのポールライトがあり、木目のラッピンッグが施された商品もあります。電気代も安く済み、景観とも調和します。




8メートルを超える大きな木があるんですが、切ってもらえるのですか?


もちろん対応いたします。ただし、現場の状況により、施工金額も変動いたします。無料でお見積りにお伺いいたします。




庭の樹木の伐採をお願いしようかと思案中ですが、伐採する際に費用はいくらくらいかかるのでしょうか?


伐採(地上部の切除)と抜根(根からの除去)があります。伐採費用は切除作業、安全対策費用、処分費用が掛かります。 お問い合わせフォームかフリーダイヤルよりお気軽にお問い合わせください。




芝生の中の雑草はどうすればよいですか?


芝生の雑草は種がつく前に根から除去することが基本ですが、芝生と一緒に刈ってしまう方法もあります。また、芝生専用の除草剤というものがあります。適宜適量で散布しましょう。 春先は芝生より先に雑草のほうが早く成長するので一番初めは草取りをお勧めします。




雑草を生えにくくする方法ありますか?


メンテナンスフリーにするエリアを決めて、舗装することをおススメいたします。砂利のほか、レンガや平板などバリエーションもたくさんあります。草取りの労力だけでなく、心理的ストレスも軽減されます。




子どもやペットがいるので、除草剤を使いたくないのですが、どうすればよいですか?


ガーデン内など土が露出している場所では、砂利のほか、マルチングバーク(樹皮)を敷き詰めるだけでも防草効果があります。数年で土に還ってしまいますので、撒き足しすることをおススメいたします。




分譲住宅を購入したのですが、庭で植物が育たなくて困っています。
何が悪いのでしょうか・・・?


通常、住宅建設に向く土壌と庭づくりに向く土壌は異なります。
新しい分譲地などでは、庭づくりを進める前に土壌改良が必要な場合があります。
庭づくりに向く土壌とは、通気性(植物の根は水分だけでなく酸素も必要)、排水性(排水性が悪いと根ぐされする)、保肥力(土が肥料を保持する能力)にすぐれ、土中の空気と水分のバランスやpHが適正(通常の植物はpH5.5~6.5の弱酸性)で、有機質を適度に含むなど、植物の根が住みやすい環境を備えたものです。
通気性、排水性がよく、保水性、保肥力がよいというのは一見矛盾しているようですが、そんな理想の環境を生み出すのが「団粒構造」です。
団粒構造の土壌は虫や微生物の住処にもなります。




わが家には小さな庭があるのですが、水たまりができたり、植物が根腐れして困っています。
何かいい解決方法はありませんか?


水はけの悪い庭は植物が育たないばかりか、そのままにしておくと苔や藻が発生したり、常にジメジメした状態となり、住宅にもよい影響を与えません。
水はけが悪い要因としては、庭の土が粘土質であったり、固まっていたり、あるいは、庭全体に勾配がついていないため、自然排水ができてないケースも考えられます。
解決策としては、暗渠(あんきょ)排水という方法がおすすめです。
暗渠排水とは、地中に雨水などの余分な水の通り道を作り、水はけをよくする方法です。
暗渠排水の工事をすれば、水はけのよい健康的な庭づくりを楽しむことができます。
詳しくはお近くの庭チャンネル エリアキーパーまでお問い合わせください。




ウッドデッキが欲しいのですが、色々と調べているとウッドデッキと言ってもいろんな種類があることがわかりました。おすすめの材質は何ですか?


おすすめは、やはり天然木です。
天然木の良さは夏は熱くなりにくく、冬はヒヤッとしにくいこと。また、何と言っても本物の質感を味わうことができます。
しかし、メンテナンスや耐久性の面で、天然木よりメリットのある素材も多く開発されていますので、検討の価値はあるでしょう。
サイズに関して、例えば家族4人でイスやテーブルを置いてくつろぐ場合、幅3.6m×奥行き2.7m以上のサイズがあるとゆったり過ごせるでしょう。




家族4人で休日にお茶を飲めるようなウッドデッキがほしいのですが、どれぐらいのサイズが必要ですか?


イスやテーブルを置く場合、幅3.6m×奥行き2.7m以上をおススメいたします。
最低8尺寸(2400)角は欲しいところです。ただしウッドデッキよりもタイルテラスの方が使い勝手がよいでしょう。




植物が育ちやすい、良い土とはどんな土ですか?


病気や害虫がなく、適度な水はけ、適度な水分保持力があり、有機質、微生物に富んだ土が良いでしょう。但し、植える植物によって多少違いますので、現地を見ながら専門家に相談しましょう。





まずはお気軽にお問い合わせください

〒680-0912

鳥取県鳥取市商栄町101-1

OPEN/10:00~18:00

CLOSE/sunday

FREE DIAL/0120-86-4128

© 2020 Dr.garden

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now